タグ:ロンドン滞在記 ( 36 ) タグの人気記事

 

London Eye


b0075171_7371720.jpg
                    行ってきました! London Eye!! 




パパがfast trackチケットを買ってくれていたので、待ち時間ゼロ。
(通常価格より若干割高になりますが、寒空の下長蛇の列を考えると子連れには有難い...)



                     ゴンドラに飛び乗り、いざ出~発!
b0075171_7394069.jpg




                   夕焼けに染まるロンドンの美しい街並み。。。
b0075171_7462279.jpg




                          頂上に到達!
b0075171_7465090.jpg




息子さんは・・・・・というと、、、





b0075171_747951.jpg
         パパのカメラでパシャパシャしておりました、、、最近カメラがお好きなようで...
                          どんな写真が撮れたかな~??






夜のLondon Eye ・・・






                      も、パシャパシャ・・・。苦笑。
b0075171_7472240.jpg
                      London Eye、堪能できました♪


  London Eye



                            ・・・・・・・・


夫の留学生生活もこの春の卒業式をもって終わります。


フィリー生活を思い出に残せたらと思って始めたこのブログ。
始めて間もなく震災があり、震災に遭っていない自分が、海外からのん気にブログを書いている場合ではないと思ったのですが、日本の家族がブログから元気をもらっているとのその言葉と、海外の人たちの日本への温かな想いを綴ることはできるかもしれないと続けることにしました。

フィリー、シンガポール、ロンドンで生活したこの一年、荷造り、荷解きを繰り返し、息つく暇もなく、夫、息子とともに夢中で駆け抜けたような時間でした。

夫は留学生活を通して、自ら勉学に励むことで、勉強をする大変さはもちろん、楽しさも分かるようになってきたかな?と言っていました。 そしてなにより、素晴らしい方々と出会い、ともに過ごした時間は夫の大きな財産となったことでしょう。 その出会いと時間をこれからも大切にしていってほしいと思います。 少し早いですが、2年間、お疲れ様でした。

私と息子は、夫の行く道について行き、(私は夫を支えるどころか)その場所、その場所で、生活をしていくのが精一杯でしたが、私達もそれぞれ素敵な出会いに恵まれ、なにものにも代えがたい貴重な時間を過ごすことができました。 皆さまといつまでも繋がっていけますように。


このブログはこれにておしまいにしたいと思います。
短い間でしたが、お越しいただきありがとうございました。
皆さまのご訪問がブログを続ける励みでした。

これからもマイペースをモットーに(笑)、自分らしくぼちぼちやっていこ~と思います。
[PR]

by tulip_ny | 2012-03-19 22:04 | ロンドン滞在記  

サーカスへ


先月のこと、近所に移動サーカス団が来ていたので、観に行ってきました。


                 息子、初めてのサーカス! ウキウキ、ワクワク♪
b0075171_0463185.jpg
          

テントの中に入ると、座席まで案内したり、ポップコーンやピカピカと光る電飾を売るお兄さんやお姉さん、ピエロの格好をして皿回しセットを売るおじさん。観客にちょっかいを出す、おちゃめな、これまたピエロの格好をしたお姉さんがいたり、楽しい雰囲気。。。

ピカピカの電飾は子供達に大人気。 息子もひとつお姉さんから買いました。


いよいよ、華やかなサーカスの始まりです!


あれ???だけど、どこかで見た顔???


そう!席を案内してくれたり、さっきまでポップコーンや電飾を売っていたお兄さんやお姉さん、皿回しのおじさんも舞台の上で大活躍!!!おじさん、本物のピエロだったんだ!!!驚っ!
息子のポップコーンをつまみ食いしていたピエロ風のお姉さんも、正にピエロでした~。

b0075171_2445826.jpg

息子が電飾を買ったお姉さんは、両足でボールを操るすごい技を披露していて(写真中央上)
息子も、えっ???あれ???さっきのおねえさん???頭混乱、、、笑、、、
素晴らしいパフォーマンスは続き、笑ったり、驚いたりのあっという間の前半が終了。
(ちなみに夫は、小鳥たちのパフォーマンス(写真左)に感動したらしい。。。人それぞれですね。笑)


途中、休憩に入ると、さっきまで素晴らしい技の数々を披露していたお兄さんやお姉さん達が、何事もなかったかのように、またポップコーンや電飾を売っていました。
経費削減とは思いますが、サーカス団のアットホームで温かなものを感じた瞬間でもありました。 休憩を取らず心配ですが、きっと無理のないスケジュールなのでしょうね、、、


 後半、4頭の大きな馬が、舞台の円の中を颯爽と走る姿は圧巻! 途中、暴走しないか冷や冷や~
b0075171_2515328.jpg
                 技もちゃ~んと披露していました。すごいですね。



                   フィナーレには、この 球体が登場!
b0075171_2551017.jpg
       な、な、なんと、中には 女性と爆走するバイクが!!!ひぃえ~~~!!!



b0075171_2572659.jpg
          たくさんの感動と温もりを感じた素晴らしいサーカスでした~☆



夫曰く、わたくし、息子以上に楽しんでいたようで、、、苦笑~




                舞台でかわいい活躍を見せたポニーとハイ、チーズ♪
b0075171_2574122.jpg




ZIPPOS CIRCUS
日本人女性の方もお一人活躍されていました。         
素晴らしいですね。応援しています。
[PR]

by tulip_ny | 2012-03-17 09:34 | ロンドン滞在記  

でてきた?


b0075171_2157583.jpg
            息子が学校でまいたキュウリの種、小さな芽がもうすぐ顔を出すかな。。。  



ロンドン生活も終盤を迎え、週3日休まず通ったプレスクールももうすぐおしまい...


笑顔で優しい先生、一緒に学び、遊んだクラスメイトとのお別れは寂しいけど、
ロンドンで生活をしながら学校へ通ったことも、息子の大きな経験になったことでしょう。


寒い日も、雨の日も、2階建てバスに揺られながら通いました。

通い始めの頃、「ロンドンの学校にはお友達がいない・・・」と寂しげな表情を一度見せたけど、
気がついたら、学校からの帰り道、たくさんのお友達の名前を言えるようになっていたね。

学校のない日も、学校へ行きたいと言っていたね。

みんなで食べたイギリス料理の給食、おいしかったね。

いっぱい思い出ができたね。 宝ものだね。




          息子と見つけた「折り紙の本」、最後の日にクラスのみんなにプレゼントしようね。
b0075171_21583510.jpg
      プレスクールに日本人は息子だけ、日本らしいものを探していたときに素敵な本に出会いました。



                英語で丁寧な解説、折り方は写真付で分かりやすい。
b0075171_21585053.jpg
               巻末には様々な模様のカラフルな折り紙が入っているんです。



                    息子が作ったTHANK YOUカード。
b0075171_2241474.jpg
               ママも少しお手伝いをして折った折り紙も貼ってみました。



みんな、元気でね。。。ありがとう。
[PR]

by tulip_ny | 2012-03-15 08:54 | ロンドン滞在記  

Hampstead つづき


ランチのあとは、以前から行ってみたいと思っていたインテリアショップへ。


  「ZARA HOME」


b0075171_933575.jpg
                                          (HPより写真お借りしました)


そうなんです、あのアパレルブランドZARAのインテリアショップなのです。
アメリカにも日本にも未上陸、ロンドンに来て初めて知ったお店です。


この日、ここへ来たのは、フィリーのママ友へのギフトを探しに。。。


フィリーを発つ前に、素敵なディナーをご馳走してくださったお二人。
本当はディナーのその席に、今までの感謝の気持ちを込めてギフトを差し上げられたらと思っていたのですが、引越しに追われご用意できずにいました。 ロンドンに行ってからなにか素敵なギフトを見つけられたらと思っていました。


いつもシンプルでお洒落な装いのお二人に、子供を抱っこするときにもじゃまにならないアクセサリーは?とちょこちょこと探していたもののこれはというものを見つけられず、お宅のモダンなインテリアに合うような写真立てはいかがかなと(写真立て好きな私は、、、)思い、こちらでそれぞれのお宅のイメージに合わせて選んでみました


気に入ってもらえるといいなぁ。。。


                           ・・・・・・・・




フィリー最後の思い出のディナーはこちらで...☆



                    ママ友お勧めのイタリアンレストラン。
b0075171_23453067.jpg
              ぶっちゃけトーク?あり~の、美味しい、楽しい時間でした。。。

                                     (HPより写真お借りしました)


  amis

   412 S. 13St. & Waverly
   Philadelphia PA 19147
   Bet. Pine & Lombard St.



こちらのオーナーシェフ、息子が通っていたプレスクールのクラスメイトのパパと聞いてびっくり。
、、、だからではないのですが、本当に美味しいイタリアンレストランでした。

[PR]

by tulip_ny | 2012-03-14 08:02 | ロンドン滞在記  

Hampstead


b0075171_6271961.jpg
     ハムステッドの駅前。古き良きイギリスをそのままにお洒落なショップ、レストラン、カフェが立ち並びます。


Hampstead(ハムステッド)は、先日行った公園ハムステッド・ヒースの西側に位置するロンドンの高級住宅地のひとつ。
私達の(庶民的な)最寄り駅のお隣ながら、だいぶ雰囲気が異なります...
         

          一歩路地に入るとこれまた素敵で、時間が許すならゆっくりと歩いてみたい...
b0075171_633572.jpg
      さりげないお洒落を楽しんでいる人達が行き交う落ち着いた街並み、どこをとっても絵になります。

               
b0075171_6354855.jpg
                  フランス生まれの美味しいパン屋さん「PAUL」
   

                先日はここのかわいいマカロンをおもたせにしました♪
b0075171_6384564.jpg



何度か訪れているハムステッド、いつもバタバタしていてなかなかお食事をするチャンスがありませんでした。今回初めて♪

路地裏のフレンチレストラン「La Cage Imaginaire」でランチ。


                  お店の写真を撮り忘れてしまったのですが、
                       レストランカードが素敵だったのでこちらを...☆
b0075171_033320.jpg
                温かな雰囲気のするかわいらしいレストランでした。。


お味もサービスもとても良かったです 息子もモリモリといただいていました。
アンティークのものなのか、食器もひとつひとつ素敵でした。


ランチのあとはこちらへ。。。 つづく
[PR]

by tulip_ny | 2012-03-13 05:47 | ロンドン滞在記  

美しいコッツウォルズと懐かしのチェルトナムへ③


チェルトナムのあとは、「英国で最も美しい村」と賞されるBibury(バイブリー)へ。


b0075171_22593788.jpg
                さらさらと小川が流れ、橋を渡ると見えてくるのが・・・



               14世紀の家並みをそのままに残したアーリントウ・ロウ。
b0075171_231427.jpg
 もとは羊小屋だったのを、17世紀頃から毛織職人の工房兼住居として使われ始め、現在も村の方が住んでいるそう。

b0075171_2311933.jpg
     優しい風合いの石造りの家並み、もう少し暖かくなったらこの辺りも緑や草花が綺麗なんでしょうね~。


コッツウォルズには、昔ながらの美しい石造りの家々が町や村ごと残っていて、時に遠い昔にいざなわれたような気持ちになります。 
たくさんの歴史あるものが残っているイギリスは、大英帝国として強く栄えた歴史、また、地震のない国だからということ、それ以外にもやはり昔からのものを大切にするというマインドが国民の中に根付いているからなのかなと思いました。




最後に訪れたのは、息子が喜ぶであろうココ!



                      蒸気機関車に乗れるんです。
b0075171_2344146.jpg
             実際の蒸気機関車の縮小版ながら、石炭を燃やして本格的な走行。
                     発着駅では、運転車両の方向転換もしていました。



               ミニチュアなので、車内はこんな感じ...ギュウギュウ。笑
b0075171_238673.jpg
           息子、それはそれは目を輝かせて満喫しておりました~。よかった、よかった、、、


b0075171_23103636.jpg
                途中、ちゃ~んと駅も作られていて、駅でしばし停車。
                その間、写真を撮ったり、運転手さんが機関車のことを教えてくれたり。



運転手さんや車掌さんが運行に携わっている姿が、なんだか子供達以上にウキウキとしているように見えたりして。。 自然災害の影響で運休していた時期もあったそうなので、かわいい自慢の蒸気機関車を走らせる、そのことをすごく楽しんでいらっしゃるように見えました。


                切符もらえるんだって~と嬉しそうに見せてくれた息子。
b0075171_231133.jpg
                家で電車ごっこをするときに、早速使っています~。笑


  *EVESHAM COUNTRY PARK





                 ロンドンへ帰る途中、大きな虹を見つけました♪
b0075171_23133687.jpg
                     虹は雨のあとのお楽しみですね。
                              いいことあるかな???

[PR]

by tulip_ny | 2012-03-10 06:35 | ロンドン滞在記  

美しいコッツウォルズと懐かしのチェルトナムへ②


宿泊したのは・・・・・チェルトナムにあるシティーホテル。

B&Bや、マナーハウスと言った魅力的な宿泊先もたくさんあるのですが、最近、我が家は宿泊先を決めるにあたっての第一条件はプールがあるかどうかということ、、、苦笑。

旅行はどうしても大人の行きたいところを中心に周ってしまうので、息子にもなにか楽しみがあるほうがいいなと思って。。 それと、旅行中は日中外出して夕食までに子供が眠くなったり疲れてしまうことがあるのでルームサービスがあるとやっぱり安心です。

息子がもう少し大きくなったら、宿泊先を決めるのもまた楽しくなるかな。。。

今回ももちろんパパとプールを楽しみ、ホテルの居心地も良かったようで、チェックアウトするときに「もっといる~」と号泣。 ホテルのチェックアウトで泣くのは初めて。。これも成長やな~。


                         ・・・・・・・・


Cheltenham(チェルトナム)も同じくコッツウォルズにあり、羊の丘に囲まれた可愛らしい町です。 何年も前のことですが、学生時代春休みを利用して、ここチェルトナムでホームステイをしたことがありました。 今回はそれ以来の訪問、変わらない懐かしい町並みに心躍ります。

b0075171_22463315.jpg
     チェルトナムらしい、白い建物が並びます。 緑も多く、既に花を咲かせた桜の木もたくさん見かけました。



             ホームステイをしながら、ここで英語を勉強していました。懐かし~
b0075171_2250143.jpg
        結婚して、子供を連れて来るなんて思いもしなかったあの頃。。。若かったなぁ。。。笑。



                学校の前。 芝生の広がるこの場所もよく覚えています。
b0075171_22534840.jpg
            学校へはバスか、ステイ先のママが車で送ってくれることもありました。
                  遅刻しちゃう~とここを全力で走ったこともあったっけ、、、苦笑。
 


住所がすぐに分からず、今回はステイ先に行くことができませんでしたが、それはまたいつかのお楽しみにとっておこう。。。  ステイ先のパパとママはお元気でいらっしゃるかな。。。
長身で若々しいパパと、毎朝ベットルームにミルクティーを持ってきてくれた優しいママ、お二人の温かな笑顔を思い出します。


b0075171_22591664.jpg
             あの頃と変わらない羊の丘、この日も優しい時間が流れていました。。。
[PR]

by tulip_ny | 2012-03-08 06:37 | ロンドン滞在記  

美しいコッツウォルズと懐かしのチェルトナムへ①


コッツウォルズ地方へ1泊2日の小旅行へ出かけました。



b0075171_2511775.jpg
       ロンドンから車で少し走るだけで、のどかな風景が広がりゆったりとした時間が流れています。


コッツウォルズは古英語で、コッツ(羊小屋)とウォルズ(丘)という意味だそうです。
その名の通り、ロンドンから車で2時間ほど走ると丘陵の広がるコッツウォルズ地方へと到着します。温かな毛に包まれたたくさんの羊が牧草を食べている愛らしい姿が、車窓からよく見えました。


          コッツウォルズのリトル・ヴェニスと呼ばれる Bourton-on-the-Water に到着。
      村の中心を流れるウィンドラッシュ川。石造りの橋は築200年。鴨にエサをあげながらひと休み、ひと休み。
b0075171_2561719.jpg
 学生時代にこの場所を訪れ、村の美しさに魅了されましたが、今もその佇まいは変わらず、目も心も癒されました。。。



Bourton-on-the-Water をあとにし、向かったのは同じくコッツウォルズにある古都 Winchcombe(ウィンチカム)。 こちらにぜひとも訪れてみたいティールームがあったのです。




                          「Juri's」
b0075171_4221517.jpg
                日本人女性がご両親と経営されているティールーム。
                     UK's Top Tea Place 2008 を受賞されたのです。



コッツウォルズについて調べているときに知ったのがこちらのティールームでした。
イギリスで、ましてロンドンではなく外国人がなかなか受け入れられにくいであろう場所でオープンされ、このような快挙を成し遂げられたと言うではありませんか、行かない訳にいきません。


       入口はこじんまりとした可愛らしいティールーム。店内は奥に長く、サンルームでいただきました。
b0075171_4244952.jpg
         夫と私は紅茶とスコーンのクリームティーを、息子はサンドイッチをいただきました。
                  そう!紅茶はあのBurleighのティーセットでいただけるのです。



温かなスコーン、外はカリカリサクサクとしていて、中はしっとりと柔らかく美味しかったです。紅茶はまろやかな優しいお味でした。Burleighのティーカップでいただくと一層美味しく感じます。

のんびりいただいていると、オーダーを取りに来てくださったお父様がいらっしゃり、いろいろとお話をさせていただきました。 そして見せて下さったのがこちらのJALの機内誌「AGORA」


        最新号に、お嬢さんの宮脇樹里さんが特集されていて、夫と読ませていただきました。
b0075171_427191.jpg
                     

お父様は樹里さんのことを目を細めながらそれはそれは嬉しそうにお話されていました。
帰り際、樹里さんご本人とお話させていただくこともでき、ティールームのお味はもちろん、物腰柔らかなそのお人柄も地元の方々に愛されている理由ではないかと思いました。
ここまでくるのに、並々ならぬご努力とご苦労があったのではないかと推測しますが、それを感じさせないご家族の明るい笑顔が印象的でした。


            ウィンチカムから滞在先のホテルのあるチェルトナムへ向かう車内から。
b0075171_5252166.jpg
                     まんまるの夕日がきれいでした。。。 



いつかまた、Juri's Tea Room にお伺いさせていただく日が来ればいいな.....


*アフタヌーンティーは2日前迄に予約、前日迄に再確認のお電話が必要だそうです。
(HPに記載あり)

[PR]

by tulip_ny | 2012-03-07 01:49 | ロンドン滞在記  

チャイナタウン


b0075171_003497.jpg


先月、飲茶を食べにチャイナタウンへ行ってきました。

旧正月を祝うたくさんの提灯が下がっていて、去年、日本で初めてお祭りを味わった息子は、
「おまつり?おまつりなの?」と嬉しそうにしていました。



                   飲茶って時々むしょうに食べたくなります。
                           久しぶりの飲茶美味しかった~。
b0075171_04389.jpg
                息子、大好きな”ハーカウ”(海老餃子)を度々おかわり。
        カラカラとカートで運んで来てくれるお姉さんも息子の食べっぷりに驚いておりました・・・苦笑。



  *CHUEN CHENG KU
    日本語メニューもあり、日本の方もたくさんいらっしゃるようです。
    キッズフレンドリーで、食事しやすかったです。






飲茶のあと、チャイナタウンのお隣のピカデリーサーカスを歩いていると、
ダンスをパフォーマンス中のお兄さん達が... 



息子、釘付け・・・




                そして、おもむろに踊りだす息子・・・! エーーーッ!!
b0075171_06317.jpg
   ダンスをしているお兄さんも、パフォーマンスを観ていた高校生ぐらいの子達も(踊りまくる・・・)息子に気づき、
                 キャーキャー言ってもらったら、息子もう止まりません~~~~




                 勝手にダンスコラボ!?しておりました ・・・。苦笑・・・
b0075171_061766.jpg
          一緒に?ダンスをさせてもらったお礼を、息子、青いバケツに入れておりました、、、



普段はどちらかというと恥ずかしがり屋なのに、こういうときは全然恥ずかしがらない息子、、、
誰に似たんだろう???と首をかしげる親二人・・・。
[PR]

by tulip_ny | 2012-03-04 22:49 | ロンドン滞在記  

お外でティータイム♪


今週も穏やかな日が続いています...


今日は学校のあと、お友達のお家に遊びに行ってきました♪



                   紅茶とお手製スコーンをお部屋から運んで
                         アパートのお庭で気軽にティータイム♪ 
b0075171_51015.jpg
                子供達もピクニック気分で自然と笑みがこぼれます...
                               食が進む、進む...






b0075171_574270.jpg
                    時間を忘れる楽しい午後でした。。。


お家でスコーン、作りたいなぁ ♪



夫の交換留学も残すところあと少し...
イギリスでの素敵な出会いに感謝しつつ、お別れを寂しく感じ始めているこの頃です。
[PR]

by tulip_ny | 2012-02-29 05:10 | ロンドン滞在記