少しずつ・・・


日も長くなってきて、少しずつ春の訪れを感じられるようになってきたロンドン。


              昨日はバスに乗ってお友達のおうちに遊びに行ってきました♪
b0075171_330583.jpg


お宅はテューダー様式の素敵なアパートメント。
お手製のスコーンでアフタヌーンティ~。 この時点でため息がこぼれそうです。。。☆

美味しい、楽しい、優雅な時間をありがとうございました。
息子帰りたがらず、親子揃って後ろ髪ひかれました~。笑



                         ・・・・・・・・



そして、土曜日の今日、暖かな日差しが家の中まで温めてくれるようなそんな朝。
ようやく公園日和到来かな...


                     キックボードに乗って、出発だー!
b0075171_5193646.jpg



          到着したのは、家から少し歩いたところにあるハムステッド・ヒースという公園。
b0075171_520322.jpg
             暖かな日を待ちわびていたかのようにたくさんの人で賑わう公園。
    日向ぼっこをする人もいれば、ボール遊びや凧揚げを楽しむ人も、皆思い思いに公園を満喫していました。
                        キックボードに乗る子供達もたくさん。。。



                    息子、久しぶりの公園におおはしゃぎ♪
b0075171_5201678.jpg



       広大な面積を誇るここハムステッド・ヒースですが、公園の中にかわいい動物達がいましたよ。
b0075171_5203318.jpg
                    暖かな日差しに動物達もうれしそう。。。



           子供用の遊具もあって、息子、滑り台を20回?もっと?滑っておりました、、、
b0075171_5204877.jpg
                      楽しくてなによりざんす。笑



このまま春になってくれるといいねぇ...
[PR]

# by tulip_ny | 2012-02-26 03:31 | ロンドン滞在記  

バス停までの30分

家から一番近いバス停のある通りは、相変わらず工事の為バスは運休。

なので、ずーっと先のバス停まで歩いて、そこからバスに乗って登園しています。
バス停までは息子の足で約30分。

その30分、朝は「さむいね~」と言いながら、息子とあれこれおしゃべり。


今日のスナックタイムとランチタイムはなにが出るかな~? ...とか

歩く道すがら、息子の大好きな青色のものを見つけて喜んだり ...とか

駐車している車の車種を当てたり ...とか

飛んでいる飛行機を見つけて、どこの国の飛行機か考えてみたり ...とか


たわいもないおしゃべりですが、これも4歳の息子と今できる会話なのかな?
と思いながら、結構楽しんでいます。



             これは今日、学校からの帰宅途中。。。バス停から歩いています。
b0075171_2337788.jpg
             いつも通りおしゃべりをしようとしたら、息子、スタスタ、、スタスタ、、、
           学校のあと、バスに乗って、そこからまた30分歩くのはしんどいときもあるみたいで
            今日は早く家に着きたかったらしい、、、 えらい、えらい、よくがんばってるぞ。




                   アパートの下で小さな春を見つけました♪
b0075171_23375623.jpg



          こちらは息子が撮影。 最近写真を撮るのが楽しいようで... これ私より上手だ…。
b0075171_23382883.jpg




                          ・・・・・・・・




                        今、我が家に咲く春。
b0075171_23393198.jpg
               夫がバレンタインデーの日に買ってきてくれた青いバラ!             
          お花好きの私と青色好きの息子を掛け合わせた結果、青いバラの花束だったそうで。。。
                               ♡ THANK YOU ♡

[PR]

# by tulip_ny | 2012-02-22 23:26 | ロンドン滞在記  

陶磁器の町 Stoke-on-Trent へ

ロンドンから北へ車で約3時間、イギリスの陶磁器発祥の地として知られるストーク・オン・トレントへ行ってきました。 

ここは私が行きたかった町、長距離ドライブで且つ息子連れなので宿泊しないとむずかしいな、まずは生活が落ち着いてから...と思っていたので、念願叶って行くことができてとても嬉しかったです。 夫と息子に感謝です。


ウェッジウッドやミントンをはじめ、多くの陶磁器がここで生まれたのは、陶磁器に適した土とそれを燃やす石炭が採れたからだそうです。

たくさんの窯元と併せてそのファクトリーショップがあり、私はその中で Burleigh(バーレイ) のファクトリーショップへ行きたかったのです。 ストーク・オン・トレント到着後、ホテルのチェックインを済ませ、早速そちらへ。


               Burleighのファクトリーショップ。趣きのある煉瓦造りの建物ですね。
b0075171_7173273.jpg
店内には創業当時、絵付けをする女性達の写真が飾られており、お店の方に伺うと、これは実際に奥のその建物で作業をしていたのよと教えてくれました。1851年創業当時と今も変わらず同じ場所で作られるBurleighの食器、歴史を感じます。



       こちらがBurleighの食器。イギリスらしいぽってりとしたつくりに可憐な花模様...心魅かれます。
           色はブルーの他に、赤、黒、緑、ピンクもあり、同じ絵柄も雰囲気が違って見えます。

b0075171_17451223.jpg
                      (HPより写真お借りしました)



             ほしいものを大体決めていたので20分程でお買物終了。大満足~♪
                      ショップでクッキーをいただいて息子もご機嫌さん。
                          パパ、子守と運転お疲れ様です、、、
 
b0075171_7233839.jpg
                    窯元へ続く路地もなんだか素敵。。。




今回はこちらを。。




             柔らかい水色の小花柄模様 Felicity というシリーズのティーセット。
b0075171_20391392.jpg
         ファクトリーショップの商品なので、お皿の底に小さな傷や色むらがあったりしますが、
            Burleighの食器は元々少しかすれた風合いの絵柄なのでそれほど気になりません。
        お得な上に、second qualityを購入することもちょっとしたエコかなと勝手に納得してみたり。笑




Burleighの食器は、違う絵柄同士を組み合わせて使う味わいもあるようなので、このFelicityのティーセットを自分なりに楽しんで、いつか他の絵柄と組み合わせて。。なんて夢ばかり膨らんでしまいます~。



                   ホテルのプールを楽しんだパパと息子。
b0075171_7235430.jpg
                        チェックアウトギリギリまで入っていたので、
                         帰宅してから洗ってヒーターで乾燥~。




イギリスに来て初めての小旅行。
夫と息子には私の食器の旅に付き合ってもらったかたちでしたが、ドライブ旅行をしようと言っていた夫も、ホテル好きの息子も、家族それぞれに楽しい旅行となりました。
[PR]

# by tulip_ny | 2012-02-20 07:24 | ロンドン滞在記