チャイナタウン

息子は午前中、学校に通っていて、学校で出るランチを食べ終わる頃お迎えに行っています。

夜7時までいつお迎えに行ってもいいのですが、ランチのあとはお昼寝タイム。息子はお昼寝をしないのと、折角シンガポールにいるので午後はプールに入ったり、出かけたりしています。

息子はNYで通っていたプレスクールがそれまでのお昼寝の時間と重なってしまったので、2歳過ぎからお昼寝なしで夜7時頃に寝るようにしました。今も7~8時にはベッドに入って、12時間前後たっぷり寝ています。体力がついてきて、お昼寝をするとどうしても寝るのが10時頃になってしまうので、本人の為にも、私の為にも、今はこのタイムスケジュールがベストなようです。


(シンガポールに来てからビ~ッタリ息子と一緒だったのですが、)朝の数時間、自分の時間が持てるようになってうれしーーーーーーと、先日早速、お友達奥様とチャイナタウンへ行ってきました。

b0075171_14421410.jpg
              あちらこちらに寺院があり、雰囲気があります。。


b0075171_1442231.jpg中国茶のお店に行きましょうと最初に訪れたのは「イーシン・シュエン・ティーハウス」

お店に入ると奥から、モデルさんのような美女が声をかけてくださって、お茶のテイスティングをしませんかとのこと。ふたつ返事でいただきました。
お茶の説明を伺いながら、一種類につき2~3杯ずつ、3種類いただき、お腹たっぷたぷ。
この方にお肌に良い、体に良いと言われると、すごく説得力があります。
伺うと、ガイドブックにお顔が掲載されているお店のオーナーのお嬢さんとのこと。
(素晴らしい看板娘さんを持たれて~とひとり納得。笑)


これだけお茶をいただいたのだから、翌朝は夫も息子も仰天するぐらいキレイになっていてほしいものでしたが、残念ながらいつもの私・・・。仰天される気配まったくナシ・・・。苦笑。



   いただいたお茶の中から、香りが良く、サラッと口当たりのいいジャスミンティーを購入。
b0075171_12315929.jpg
  フィリーに戻って、シンガポールのことをあれこれ思い出しながらいただくのが楽しみです。



もう一軒、エリザベス女王も訪れたという中国茶のお店「ティー・チャプター」へ。
こちらにはたくさんの種類の茶器があり、中国茶の入れ方を覚えて、いつかこんな素敵な茶器で入れられたら~と夢膨らむ。。。


このあと、お迎えの時間を気にしながら流し込むようにランチをいただき、タイムア~~ップ!


b0075171_14423142.jpg
チャイナタウン、まだまだ見所満載。。。シンガポールを離れる前にまた行けたらいいな~、と。
[PR]

by tulip_ny | 2011-06-15 23:11 | シンガポール滞在記  

<< Fusionopolis ジュエリーボックス >>